このサイトについて デオン屋根裏関連CD ニュース&ダイアリー アコーディオンのいろいろ アコーディオンの構造 楽しいアコーディオン選び コードワーク入門編 私たちの愛しい楽器 長坂憲道の活動など アコーディオンリンク デオン屋根裏BBS 各種E-MAILの宛先
www.accordion.jp アコーディオンの屋根裏部屋
私たちの愛しい楽器
きゃたぴらさん(神奈川県)の愛しい楽器
お名前
(ハンドルネームでも可)
きゃたぴら 同左
お住まいのエリア
(都道府県名)
神奈川県 同左
使用している楽器の
メーカー名
エキセルシャー ゲリーニ
モデル名(型番)
1320E G120C
鍵盤数
(メロディボタン数など)
41鍵 41鍵
リードセット
(HMML、MMMなど)
HMML MMML
ネイロ切り替え
(レジスタ)スイッチ数
鍵盤11+MASTER/ベース5 鍵盤9+MASTER/ベース5
ベースボタン数
120 120
楽器本体の重量
11.0kg 11.3kg
楽器ケース
(ソフト、ハード)
   
楽器の運搬方法
   
購入時に比較した機種
   
使用している感想
(良い点、悪い点)
一番最初に買ったアコデオン。1995年に新品購入。 スペックと価格を両立させた初心者向きのいいアコデオンと思っています。 タンゴのように瞬間的に蛇腹を刻んでもそれに音が応えてくれて、リードがタフなん だなぁと感じています。 Lの低音部にビリビリ感があるのが残念。 ゲリーニ: ミュゼットを弾くときはゲリーニ、H含む音を使うときはエキセルシャーとリード セットにあわせて使い分けているのはもちろんですが、ソロやおとなしめセッション ではゲリーニ、激しいセッションやタンゴを弾くときはエキセルシャーというふうに 楽器の特性に合わせた使い分けもしています。 二台目のアコデオン。2002年に中古購入 MMMの音に憧れていたころにある信頼できる方が売り出しに出していてその方から購 入。 外見はかなりいかついですが、出てくる音はとてもやわらかいです。 MMMの音とLの音をとても気に入っています。 エキセルシャーと逆で瞬間的に蛇腹を刻むと音が出なくなることがあるのがちょっと 残念。 (これはゲリーニの特性なのか、この楽器固有のクセなのかはわかりません)
その他、ご自由に
ミュゼットを弾くときはゲリーニ、H含む音を使うときはエキセルシャーとリード セットにあわせて使い分けているのはもちろんですが、ソロやおとなしめセッション ではゲリーニ、激しいセッションやタンゴを弾くときはエキセルシャーというふうに 楽器の特性に合わせた使い分けもしています。
楽器の写真
(携帯電話カメラも可)
きゃたぴらさん(神奈川県)の愛しい楽器
アコーディオンの屋根裏部屋
©1998-2005
Norimichi Nagasaka