このサイトについて デオン屋根裏関連CD ニュース&ダイアリー アコーディオンのいろいろ アコーディオンの構造 楽しいアコーディオン選び コードワーク入門編 私たちの愛しい楽器 長坂憲道の活動など アコーディオンリンク デオン屋根裏BBS 各種E-MAILの宛先
www.accordion.jp アコーディオンの屋根裏部屋

アコーディオンの構造

         
質問にも多い"MM"や"HMML"のことや
マイクを使うときの悩みなど。

そしてアコーディオンの一部を分解して
写真をお見せしていますが
なにぶんデリケートな楽器ですので
お手持ちの楽器で分解をは試すことは
決してお勧めしておりません。

それぞれの写真をクリックすると
大きな写真のウィンドウが開きます。
ストラップ(背バンド)
ネイロ(音色)切り替えスイッチ
  リード・セットのサンプル音源
右手側タンポ(音孔蓋)
ネイロ切り替えスイッチ・その2
左手・伴奏側
大きく三分割に
リード・セット
ハーモニカ?!
なんじゃ、こりゃ?!
マイクのことを少しだけ
          アコーディオンの屋根裏部屋 WEB RADIO「やねらじ」配信中
ストラップ(背バンド)

まず、構造の紹介に入る前に、楽器を抱えるコツのようなものを、少しだけお話しします。
楽器の持ち方を工夫するだけで疲れを軽減できて、より長時間の演奏が楽しめるようになります。
楽器の抱え方について、既によく判っている方は、この項は飛ばしてお読みください。

最初は自分の顎と楽器の間が「握りこぶし1〜2個分」程度に、ストラップの長さを合わせてみましょう。穴を一つ分変えるだけで、 感じが大きく変わるので、好きな感覚が得られるまで少しずつ調節するようにしてみましょう。一般的(右利き奏者の場合)には左側ストラップは短く、左半身にぴったりフィットさせ、逆に右側のストラップは少しだけ長く。ストラップ調節の「バックル穴」が長すぎ短すぎで足りない場合は、千枚通し等で、更に調節幅を大きくできる位置に穴を開けます。
ストラップの長さ調節用のバックル(金具)がお腹辺りに当たって、痛くなってしまう場合もありますが、そんな時は右の写真のように、ねじれた状態でバックルに接続すると解決できる場合もあります。以前は長憲もそうしていたのですが、最近は全く気にならなくなりました。
一部のストラップでは、左右のストラップを背後からブラジャーのように、引き寄せてタイトに固定してしまえる物もあります。立奏をされる機会が多い方は、特に左肩のストラップがズレ落ちやすくなってしまいますので、これが大変重宝します。長憲も実際に使用していますが、疲労もかなり軽減できています。(左右の写真では微妙にタイプが違うものです)

このタイプのストラップが無くても、アナタの背後から、どなたかの手を借りて両側のストラップをバンダナなどで引き寄せて縛ってもらうのも効果的ですが、アコーディオンの屋根裏部屋では特製の便利グッズを作りましたので、下のバナーをクリックしてご覧ください!
  バックジョイント - Back Joint -  
大きいボタンの付いた服や、ジップアップの服を着ていると、楽器と胸(特に肋骨)の間に、 ボタンやジッパーが挟まってしまい、長時間弾いていると痛くなってしまいます。写真の楽器のように、標準で「胸当て」が付いているものも有りますが、付いていない場合は、ご自身で作ってみてはいかがでしょうか。長憲も実際に今でも自作して取り付けていますので、チャレンジしてみたい方にはアドバイスが出来るかも。

リード・セットのサンプル音源

写真と文字だけでの紹介では、なかなか分かりにくいかと思いますので
当コーナー下位ページのリード・セットのサンプル音源の項では、
リードセット組み合わせのMP3サンプル音源をお聴きいただけます。

左の写真はMMMLタイプ(同じ音程で、少しずつピッチの違うリードが3セットと1オクターヴ低いリードが1セット)の楽器ですが、鍵盤の上に位置するスイッチ群で、それぞれのリードの組み合わせ(M、MM、ML、MMLなど)を切り替えて、ネイロを選ぶことが出来ます。(レジスター・スイッチとも呼ぶ)

機種にもよるのですが、右の写真のように鍵盤の下(手前)に位置する横長のスイッチ(緑色マル囲)は、マスター・スイッチ(リセット・スイッチ)といって、写真の機種の場合それぞれのリード・セットが、どのような組み合わせの状態にあっても、これを押すことにより、一気にMMML(リセット・全開)の状態を選ぶことの出来るスイッチです。演奏中にも容易にアクセスができる位置なので非常に便利です。左右下の写真はベースボタン側のネイロ切り替えスイッチです。
右手側タンポ(音孔蓋)
いよいよ右手側のカバーを外してみます。鍵盤から金属のシャフト(アルミ製が多い)で繋がったタンポ(音孔蓋)が微妙に開くことによりリードに通気が発生、音が鳴ります。 シャフトとタンポの接続部分は、最近の機種の場合プラスティックを溶かして接着したり、金属のピンで固定するなど、割としっかり接続されているものも多くなってきたのですが、大半がロウと松ヤニを熱で溶かし混ぜた物で接着・固定されています。従って熱に大変弱い上に、 強い力を加えると、ボロッともげてしまいます。
タンポにはフエルトが用いられているので、湿気が高すぎるとカビが生えることもあります。また、希に虫が食うこともありますので、アコーディオンの保管には充分注意しましょう。(虫に食われると透き間が空いたりもするので当然空気漏れ症状を起こしてしまいます)
ちなみに、長憲はケース内にシリカゲルを入れています。が、 あまり乾かし過ぎると、各所に使われている接着剤が劣化して剥がれ易くなる場合もあるようです。(写真右下)このように0.5ミリ程度でも透き間が空くと「空気漏れ」症状がおこり演奏にもロスが出ます。
 
ネイロ切り替えスイッチ・その2
写真左のようにネイロ切り替えスイッチを押すと、スイッチから繋がった金属のシャフトを伝わり、それぞれの組み合わせに応じて楽器内部でリード・セットのシャッターを開閉させます。このシャフトは比較的硬く丈夫な金属なので、 簡単に曲がったりしませんが、可動部に微量の油をさしてある場合が多いので、ホコリの多い場所で演奏されるような機会が多ければ、油にホコリがたまるのでスイッチの動きが悪くなることもあります。  
写真左がネイロ切り替えスイッチ操作によってシャッターが開いているところ、写真右が上一列のリード窓だけ金属製のシャッターが閉じている状態です。これらのようなシャッター開閉によって、使うリードセット或いは使わないリードセットへの空気の流れを制御してネイロの組み合わせを表現します。
左手・伴奏側
  左手側には細かいボタンが沢山並んでいます。これらで低音(ベースライン)の演奏と和音(各種コード)伴奏を組み合わせることが可能です。詳しい配列の一覧は幣サイト内のコードワーク入門編に掲載しています。
左の写真では分かりにくいかも知れませんが、中央「ド(C)」には、ボタンに凹みが付けてあるのが一般的です。右の写真は「ラ♭(A♭)」「ミ(E)」のボタンの場合です。これらはギザギザ加工が施してあるのが一般的です。一部機種(中国製機種、パロット、中国製トンボ、トスカーノ等)では、ギザギザ加工の位置が「ラ♭(A♭)」ではなく「ミ♭(E♭)」ということもあるので、ご注意を。
左手側にはもうひとつ重要なボタンが存在しています。それが写真両側「緑色マル囲み」のボタン。音は鳴りませんが演奏が終わって蛇腹を閉じるときに、これが無くては困ります。左右の写真のように楽器によって若干位置が違ったりしています。演奏してない時に何らかの事情で「蛇腹を開閉」させる必要がある場合には、必ずこの「空気抜き」ボタンを押して蛇腹を操作しましょう。鍵盤もボタンも押さず、無理に蛇腹を操作すると、必ず破損しますので要注意です。
左手・伴奏側の項にて、もう一件ついでに紹介しておきましょう。左上写真の「緑色マル囲み」部分は左手ストラップの締め具合を調節するためのダイヤルです。
緩すぎると疲れますが、締めすぎるとベースボタン演奏時の移動が苦痛です。右上の写真はダイヤルを緩め過ぎてストラップが外れてしまいました。そんな時は右下写真のダイヤル内部構造をふまえて元に戻しましょう。

もうひとつオマケに、左下の写真は説明をするまでもないのですが蛇腹の隙間にホコリを貯めるとカビや虫食いの原因になりますので、演奏しないときには、これで蛇腹を閉じて固定しておきましょう。
大きく三分割に
左の写真のように、アコーディオンは大きく3つの部分から成っています。右から、右手鍵盤部、蛇腹、左手伴奏ボタン部に分かれています。沢山のリード・セットが見えていますね。
それぞれの固定には、釘でもなくネジでもない、金属の特殊なピンが(写真右)刺さるジャストの大きさの穴に、きっちりと垂直に刺さっています。このピンを無造作に抜き差しすると、ピンが曲がったり、穴が拡がったりして空気漏れの原因に成りかねませんので注意が必要です。このようなピンは、その辺のホームセンターでは絶対に手に入りません。外したピンは亡くさないように左の写真のようにキッチリ管理しましょう。
左の写真は蛇腹の内部を撮影しています。蛇腹は表から見るとキレイに布張りを施してあるのですが、中から見ると、いかなる高級楽器でも、その材質は紙であることが判ります。コーナー部分には革を使ってあります。紙・革ともに、最もカビ発生率の高い部分ですので湿度管理が大切です。  
リード・セット
ピアノ式アコーディオンのように、押し引き同音の場合は、押し用、引き用に、それぞれ同じ音階、同じオクターヴ、同じピッチのリードが、二枚ずつ用意されていますので、41鍵の楽器で82枚になります。更に、MMLのアコーディオンでしたら、その3倍の246枚ということに。右の写真は「キャバニョロ」の右手側リード・セットで、"L"のセットには「チャンバー」という、楽器の外に音が出る前に金属管の中で一度音を貯め込み、膨らませるという機構が入っているため"L"の列だけが縦向きに収納されています。濃い木目色部分が「チャンバー」です。(中は金属の角筒)
  演奏での蛇腹押し引きの際に、押し用リード、引き用リードのそれぞれが同時発音してしまわないために、笛革(逆止弁)が活躍しています。(写真右)この笛革は旧くなると乾湿の加減も手伝って、遅かれ早かれ次第に劣化(硬化)します。劣化のあげく笛革がカールしてしまうような域に達するとビビるようになり、演奏の際にも明らかに不快な雑音になってしまいます。
写真左、低音部のリードではリード自体もリード台の開口面積も大きく、革の「閉じる力」だけでは「開く力」に負けてしまうようなので、細く切ったハガネ板、ピアノ線、針金等で、笛革のテンションを補強してあるものもあります。写真右は高音部のリードですが、高音部にはご覧の通り笛革がありません。
この段の写真は左手・伴奏側(ベース&コード)のセットです。リードの先端にはリードの固有振動数を調整するために金属を盛りつけて、少ない振動数(低い音の域)を得ます。「リード台」自体の厚さも低音域の振動を支えるため、非常に分厚く作られています。最近のコスト・パフォーマンスに優れたタイプの楽器では、笛革がプラスティック製になっている物が非常に多くなってきていますが、プラスティック製の笛革は蛇腹の切り返し時にノイズを発生させやすいので、やはり笛革は上質革製のものが良いようです。リードの材質の次にネイロにも影響を及ぼす重要なパーツのようです。
ハーモニカ?!
リード・セット(右手鍵盤側、白鍵用)を楽器本体から取り外しました。これは、皆さんもご存じ「ハーモニカ」の構造と、ほぼ同じです。このリード・セットは、木製の土台にアルミ切削のリード台、そして鋼のリードが取り付けてあります。この木製の土台とリード台の固定には小さな釘を使い、最終的に隙間を塞ぐための密閉は右手側タンポ(音孔蓋)の項にも出てきた、ロウと松ヤニを熱で溶かし混ぜた物で固め付けます。(キャバニョロの場合はコルクのパッキンを用いているため、ロウと松ヤニのペーストは使いません)
希に、ローコスト・モデルというか、単に粗悪品というか、土台(ハーモニカ筐体みたいな部分)が木製ではなく、紙?!(再生パルプ圧縮素材?!)で作られている、いい加減なモノもあるらしいです。もちろん湿気には甚だしく弱く、経年変化による劣化、変形は必至です。
これらの写真で四角い穴が沢山並んでいるのが判りますよね。この穴のみが、蛇腹に吸い込まれる空気、または蛇腹から押し出される空気の通り道です。この穴以外には、絶対に空気が漏れることがないよう、アコーディオン組立の際の密閉の精密さには、細心の注意が払われているのです。
これらのように、しっかりした土台の上にきっちりとリードが固定されて、始めてリードを効率よく振動させる環境(楽音となる)が出来上がります。調律の際には、リードを削ることにより固有振動数を調整します。左の写真ではリードの表面に調律痕が確認出来ます。必ずこのようにリードに対して縦方向にリードを削らなければなりません。一部中国製では調律痕がリードに対して横方向にリードを削っているものがありますが、このような調律方法は長持ちせず、ハードな演奏をすればリードがスグに折れてしまいます。  
なんじゃ、こりゃ?!
左手伴奏ボタン部外側(左手ストラップ下)のカバーを外した写真です。右手側タンポ(音孔蓋)の項の左手版と云うことになるのですが、シャフトの取り回しがあまりにも複雑ですね。(写真の機種は120ベース)

例えば一枚のリードで、「ド・ミ・ソ」と発音することは当然不可能ですので、Cのコード・ボタンを押した場合には、「ド」と「ミ」と「ソ」それぞれのタンポを同時に開かなければなりません。また、Fのコードでも「ド」の音を使いますし、Gのコードでは「ソ」を使います。Aのコードでは「ミ」を・・・・・・

キリがありませんが、このように、あらゆるコードで同じ音を共有しています。これら故、シャフトの取り回しが、こんなに複雑になってしまうのです。

右下の写真は「空気抜きボタン」の内部です。
マイクのことを少しだけ
  アコーディオンのマイクのことは私、長憲もかなり悩みました。そして今現在も試行錯誤は続いています。かなりのお金と時間も費やしました。レコーディングにおいては、スタジオの環境、技術者の腕、室内音響の善し悪し、マイクの善し悪し、マイク・プリ・アンプの善し悪し、レコーダの善し悪し、、、言い出したらキリがないし、お金さえ惜しまずに掛ければ、それなりにクオリティも比例する。ライブ、コンサートでP.A.(S.R.)増幅を目的とする場合も、これまたお金に比例するのかも知れないけど、実は、そうとも限らないのだ!  
某メーカーが仕込んでくれる内蔵マイクは残念ながらダメです。まずマイクそのものの品質が酷く周波数特性に山あり谷ありで、ショックマウント構造も一切無く、鍵盤をタッチする振動も不快な低音ノイズとして派手に拾いますし、ライブハウス等でラインに繋いでP.A.から飛び出してくる音は「昔のAMラジオ」みたいなネイロです。また妙な「箱鳴り」が起こっているせいでハウリングポイントも多数。これはもう音響オペレータ泣かせですし、プレイヤーである私たちも涙が出るような酷い音質です。
そしてコネクタやケーブルが酷い!あんなスグに外れちゃうDIN-5pin(MIDIコネクタと同じ)では無理です。ケーブルやコネクタのチョイスにも配慮が無さ過ぎます。破損しやすい安物部品ばかりで構成された専用ケーブルはスグに断線するし、それを新しいモノに交換するにしても、その粗悪ケーブルの価格設定が異常に高くて困ります。実際の部品価格は10分の1以下で楽に揃うというのに。長憲自身はCANNON XLRの5PINコネクタに取り換えて、先端分岐の100番(PHONE PLUG)は良い物をチョイスして、ケーブルもカナレ(これは高級でもないが)5芯に換えて倍の長さになるように作っても、その某メーカーのボッタクリ価格の3分の1以下で済んでいます。
なんせ長憲が普段使っているクリップ式フレキシブル・ネックのコンデンサ・マイクX2コと専用ファンタム電源X2コを買ってついでにXLR用の頑丈な延長ケーブルの予備を買っても、マダマダそれらよりも大幅に高く付いてしまうという異常に高い値段設定の内蔵仕込みマイク&専用ケーブルは、どう考えても腑に落ちません。というわけで 某メーカー・オプションの内蔵マイク取り付けは、当デオン屋根裏では絶対にお勧めしません!
例えばギターやバイオリン、管楽器などのマイクなら、プレーヤーの意見を積極的に汲み上げて、この日本国内でも日々どんどん進歩を続けているというのに。
イタリアではアコーディオン用に特化されたマイクの開発も進んでいるのですが、日本国内での情報があまりに薄いので2004年10月現在、デオン屋根裏からイタリアのメーカーに問い合わせ中です。
マイクとは直接関係ないのですが、2004年10月に日本国内でも発表された期待の新星、ローランドのV-Accordion。「アコーディオンなんて」と蔑ろにされていた国内事情をはねのけるような動きには敬服。実は2004年の6月段階でのプロトタイプを試奏させてもらったのですが、これならラインで繋いで音を鳴らすのには最適。ピックアップやマイクというわけでなく、超リアルなデジタルサンプリングのネイロがラインで直接取り出せます。あとはもう少し軽量化を実現して欲しいのと、初心者でも気軽に手を出せる価格帯までに早く値段を下げられるように頑張って欲しいところ。
先ほども少しお話ししましたが、マイクの関しては今現在も試行錯誤は続いていますし、かなりのお金と時間も費やしています。ホントは企業秘密だ!と内緒にしておきたいんだけど(笑)出し惜しみするほどの大した情報でもないと思うので、長憲が普段ライブなどでやっているマイキングについて簡単にお話しさせて頂きますね。
長憲のマイキングは至って簡単。下の2枚の写真をご覧になってご理解いただければ幸いです。ほとんどのアコーディオンにはクリップ式のマイクを挟む場所がないので、そのクリップを挟み付ける台を工夫して取り付けたまでです。
取り付け位置や取り付け方法などは、ユニバーサルの安田氏と相談の上で決めました。マイクのクリップなんて、ほんの小さなモノなので、もっと小さな取り付け台でも良いような気もしますが、あまり小さく短い取り付け台では非常に不安定でした。とりあえずココにクリップを挟んで、あまり近すぎない位置から楽器を狙えるように調整します。(全ての音域をうまくフォローできるよう)フレキシブル・ネックが長めのマイクの方が良いのですが、ショックマウント構造になっていないマイクではフレキシブル・ネック部分が長過ぎると、余計な中低音部分が不本意にも増幅されてしまいますので要注意です。
右手側は音が出ている面積がタテに広いので、ついつい2つマイクを付けたくなってしまいそうですが、例えばグランド・ピアノぐらいの鳴り面積があってやっとこそ二本のマイクでも定位が上手く成り立つのです。アコーディオン程度の狭い面積だと「ふわっとしたステレオ効果」は少しだけ出るのですが、定位を不明瞭にしてしまい、音量的な損失も大きくなりますので、特にライブ、コンサートでP.A.(S.R.)増幅を目的とした場合には、マイクは1本の方が定位がしっかりとして、音像のハッキリとした大きな音が得られやすいです。(フォロー出来る音域は若干狭くなりますが長憲自身は今までに特に大きな問題は感じていません)
そして左手側は音抜き用に空いているスリットに向けて、かなり近づけてセッティングするのが良いです。クリップを挟む場所は左手を支えてくれているストラップで構わないのですが、左手首が上下に移動する際のストラップ摩擦音を雑音成分として拾ってしまうので、気になる方は左手側にもクリップ挟み台を取り付けてみるのも良いでしょう。あと、80Hz〜60Hz以下をロー・カット(ハイ・パス)できるマイクの機種であるのならば、迷わずスイッチON!
ご自身で分解清掃・修理、調律等を試みる場合には、リスクを充分にご理解いただいた上で、ご自身の責任において行ってくださいね。
私たちも、判る範囲で質問にはお答えしますが、皆さんの大切な楽器ですので、基本的には百戦錬磨の腕利き職人・専門家がいるお店に持ち込んで、分解清掃・修理、調律をしてもらうことをオススメします。
このサイトをご覧の方で、アコーディオンに詳しい方もいらっしゃると思います。もし、よろしければ、このコーナーで間違っている点、これは必ず書いた方が良いと思われる点などを、ご指摘、ご指示いただければ幸いです。
皆さんに、楽しいアコーディオン・ライフを♪「屋根裏デオン弾き」代表:長坂憲道・みかん
長坂憲道のアコーディオンCDはcfa RECORDS Oline Shopでアコーディオンやカホンで遊ぼう 屋根裏音楽道場
アコーディオンの屋根裏部屋
©1998-2005 Norimichi Nagasaka